INFO2021.11.25

コートヤードHIROO「Group Exhibition Over the fence」開催

新型コロナウイルスの感染拡大は、大量のパーテションやソーシャルディスタンス、入国制限などのさまざまな対策、そして身近な人の隔離や、死を通じて、国境や、自分と他者との境界線をより意識するように促しました。それは、誰かと離れることであると同時に、親密になることでもあったと思います。
こうした時間は、私たちにそれらの境界を守ることで自身を守るということと、どのようにそれを越えてつながっていくのかを考えさせました。それは断絶のための高壁を周りに築くことではなく、「越境しうる境界」を想定することであると言えるでしょう。
本展では、伊東宣明、岩﨑広大、早川翔人、スクリプカリウ落合安奈、津田みなみの5名の作家を紹介します。彼らはそれぞれの体験の中でそれぞれの「境界」を認識し、なんのために引かれた境界で、自身はなぜ今こちら側にいるのかを作品を通して探ります。そして、その向こう側には何があるのかを静かに眺めています。
本展が、彼らの作品や姿勢を通して、物事の見落としていた側面や、盲目的になっていた部分、忘れていた出来事などについて、思いを馳せるきっかけになれば幸いです。

The pandemic of the Covid-19 prompted more awareness of national borders and the boundaries between ourselves and others through various measures such as partitions, keeping social distance, and immigration restrictions. These shifts make an opportunity to think about how to protect ourselves by these borders between us and how we connect beyond them.
It seems to be possible not by building a wall around us for severance, but by assuming a “border that can be crossed,” like a fence on the border of an adjacent house.
In this exhibition, we introduce five artists: Nobuaki Itoh, Hiromasai Iwasaki, Shoto Hayakawa, Ana Scripcariu-Ochiai and Minami Tsuda.
They recognize their own “boundaries” in their own experiences and explore through their works why the boundaries were set and why they are on the side they are on now, ​​and they research and imagine what is on the other side.
We hope that this exhibition will provide an opportunity to consider the missed sides of things, the blind spots, and the forgotten things through their works and attitudes.

[展示概要]
Over the fence
会期|12月3日(金) − 12月26日(日)
会場|コートヤードHIROO
入場|無料
開場時間|12:00-19:00
月曜休場
※初日のみ17:00オープン
出展作家|伊東宣明/岩﨑広大/早川翔人/スクリプカリウ落合安奈/津田みなみ
キュレーター|三宅敦大
主催|コートヤードHIROO
協力|WAITINGROOM、 AKIO NAGASAWA Gallery
展覧会HP|https://cy-hiroo.jp/topics/gallery/archives/5739

OTHER NEWS