ソノ アイダ#新有楽町

オフィシャルサイト

BACKGROUND

2015年よりアーティストの藤元明が中心となり行ってきた「ソノ アイダ」は、取り壊し予定の建物や空き物件などをテンポラリーな空間メディアとして活用するアートプロジェクトです。2021年12月から始めた「ソノ アイダ#新有楽町」は株式会社アトムが主催となり、アーティストが持つ独自の視点が街に刺激や気付きをもたらし、今後の新たな価値観に繋がるよう運営を行っております。

CONCEPT

「ソノ アイダ#新有楽町」は三菱地所の新有楽町ビル1階の空き店舗を空間メディアとして活用する2021年12月から始まるアートプロジェクトです。その中の企画「ARTISTS STUDIO」では、アーティストが自分の制作環境を移設し、約1ヶ月半の期間作品を制作しながらアーティストの営みを展示、作品販売も行います。スタジオプログラムのアーティストは期間ごとに入れ替り、常にアーティストのいる風景を提供します。加えて企画展覧会や現代美術への関わりを実践を通して学ぶ「OUT SCHOOL」や不定期開催予定のワークショップなども並走しながら、アートに関わる様々な人が集まる新たなアートコミュニティの形を提案します。

ソノ アイダ #新有楽町
住所:東京都千代田区有楽町 1-12-1 新有楽町ビル1階 北側112区画
主催:株式会社アトム(A-TOM Co., LTD.)
企画:ソノ アイダ実行委員会
協力:三菱地所
機材協力:BLACK+DECKER / DEWALT / LENOX / IRWIN

SERVICE

ARTISTS STUDIO#01| 藤元 明 / 森 靖

ARTISTS STUDIO#01
2021年12月1日〜2022年1月30日
Exhibition|Proximate Horizons 近しい遠景
2022年1月27日~2022年1月30日
展示作家 | 藤元 明 / 森 靖
MORE INFORMATION

ARTISTS STUDIO#02| 相澤 安嗣志 / 岩村 寛人 / マイケル・ホー

ARTISTS STUDIO#02
2022年2月2日〜3月6日
Exhibition|Tempered Temporality 一瞬のカタチ
2022年3月4日~2022年3月6日
展示作家 | 相澤 安嗣志 / 岩村 寛人 / マイケル・ホー
キュレーション | 宮澤 佳奈 / 吉井 えりか / エリカ・ドレスクラー
MORE INFORMATION

ARTISTS STUDIO#03| やんツー / 水戸部 七絵

ARTISTS STUDIO#03
2022年3月7日〜4月24日
Exhibition|Y.N.W.P. - How to turn capital into garbage -
2022年3月16日~4月24日
Exhibition|Can we turn capital into garbage?
2022年4月23日~5月1日
展示作家 | やんツー / 水戸部 七絵
MORE INFORMATION

ARTISTS STUDIO#04| 藤崎 了一 / Hogalee

ARTISTS STUDIO#04
2022年5月10日〜6月26日
Exhibition|コントロールX:切り取りの制御
2022年6月23日~6月26日
展示作家 | 藤崎 了一 / Hogalee
MORE INFORMATION

ARTISTS STUDIO#05| 花崎 草 / 塩原 有佳

ARTISTS STUDIO#05
2022年6月29日〜8月7日
Exhibition|Flowers for urban maladies
2022年8月5日~8月7日
展示作家 | 花崎 草 / 塩原 有佳
MORE INFORMATION

ARTISTS STUDIO#06|「鯰(なまず)」( 表良樹、藤村祥馬、森山泰地)

ARTISTS STUDIO#06
2022年8月10日〜9月19日
展示作家 | 「鯰(なまず)」( 表良樹、藤村祥馬、森山泰地)

Meta Fair #01

NFTアートフェア「Meta Fair #01」が3月に有楽町で開催。 「Meta Fair #01」は、現代アートの第一線で活躍する20組の現役アーティストたちがNFTの専門たちと手を組み、ファインアートとしてNFTと向き合う、“日本初”のNFTアートフェアである。「NFTアート」の市場がファインアートのシーンと乖離してしまっている現在、 NFTという技術媒体が現代アートにとってどのような意義をもつのかが問われている。 世の中の”メタ”な世界への期待の中に芸術の価値は所在するのか。 フィジカルとバーチャルの共存する近い未来、現代アートはどう立ち振る舞うべきか。 本アートフェアは、そのような問いに作家として向き合う試みであり、 社会へその問いを投げかける狙いでもある。

展示作家:会⽥寅次郎/相澤安嗣志/岩村寛⼈/ M4K3/岡⽥裕⼦/鎌⽥美希⼦/ KUSAMURA MAD RAT/⼭泰介/佐藤浩⼀ + 梅沢英樹/丹原健翔/築⼭礁太/東城信之介/⼾⽥沙也加/花咲草/藤崎了⼀/藤元明 + 徳永雄太/MICHAEL RIKIO MING HEE HO/松⽥将英/三野新/⼭本華
キュレーション:丹原 健翔
会期:3⽉11⽇〜13⽇
主催:株式会社アトム(A-TOM Co., LTD.)
企画運営:アマトリウム株式会社、NPORT, Inc.
協賛:OpenSea Inc., Spatial, Inc. 株式会社グリッド、エイベックス・ビジネス・ディベロップメント株式会社、森ビル株式会社、三菱地所株式会社、スタートバーン株式会社、アクセンチュア芸術部
協⼒ :ソノ アイダ、有限会社永⼭祐⼦建築設計、⼀
般社団法⼈ Open Art Consortium
MORE INFORMATION

OUT SCHOOL

制作を通して美術×社会を探るアウトプット型・アート集中講座

昨今アートやそのプロセスの思考を学ぶプログラムや書籍が増えている一方、アートを学ぶとはつまり 何を習得することなのかを問うことは果たしてされてきたのだろうか。《OUT SCHOOL》ではその答えが「アウトプット」にあると考える。米国やヨーロッパの美大教育を参照しながら、座学だけでなく実践と議論を重ねる、アウトプット型の学びこそが、これから社会で必要となる能力を培うのだと我々は思う。 《OUT SCHOOL》は、アートの当事者になるための、社会人向けのスクールです。全6回のプログラムを通して、受講者はアーティスト目線でアートについて考え、向き合う方法を実践を通して学びます。アート未経験者向けの本プログラムを通して、アートを社会に実装することのできるアートの当事者になれるよう設計されています。アートシーンの第一線で活躍する現役アーティストの方々や、アート批評家や著名コレクターをゲストとして招き、アウトプットのプロセスを紐解きながら、受講者一人ひとりの感性を形にしていきます。

2022年8月〜2022年10月(全6回)
主催:株式会社A-TOM
協力:アマトリウム株式会社、ソノ アイダ
MORE INFORMATION

OTHER BUSINESS